耐震補強・耐震診断

オフィス・工場・店舗など建物に関する設計から施工までワンストップ

実用新案登録工法 粘性ST工法取得

実用新案登録工法粘性ST工法取得
実用新案登録工法粘性ST工法取得

耐震性能に不安がある建物の診断から、耐震補強工事まで

「建物の耐震性というのはいったいどのようなことなのか?」建物の耐震性について正しく理解し、対象となっている建物の性能を正しく把握・評価するところから行います。
その中で、重量のある機械や棚を上層階に設置するための補強や、重量物を乗せるための調整、建物補強、機械などを水平に設置するための工事なども承ります。
また、操業の邪魔にならない場所に補強部材を施すことも可能です。昭和56年以前の建物や耐震性能に不安のある建物の診断を行い、適切な耐震補強を行います。
国や県の助成金に関する申請や対応も承ります。

サービス内容

  • 耐震補強

    様々な建物に応じた耐震補強

    コンクリート系、鉄骨系、木造系など建物には様々な構造と種類があります。近年地震などの天災で耐震性能が低下してしまう建物も存在し立て直しには莫大な費用がかかります。そこで当社では、水平ブレース補強から鋼板補強など建物やご予算に合わせた様々な補強手段をご提案しています。特にビルや工場、マンション等の補強を得意としています。

  • 耐震調査、診断

    調査から診断まで自社で行います

    建築物の中には、昭和56年以前のものなど、旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物が多く存在します。
    デザインワークスでは様々な建物の「予備調査」「現地調査」「耐震診断」まで自社で行っております。さらに一級建築士事務所のためその後の構造設計等のサポートも一貫して行っております。 といった目には見えない付帯設備の部分にも細やかな配慮を行い、安全でクリーンな心地よいオフィスづくりを目指します。

  • 助成金対応

    めんどうな助成金の申請等もサポート

    耐震診断、耐震改修などに要する費用の一部を助成する制度を各区市町村において、設けている場合があります。この助成金制度を知っている・知らないで大きくコストの削減がはかれます。しかし助成金制度を知っていたとしても、必要手続きが分からないなどの意見も多くあります。そこでデザインワークスでは、助成金に関する申請や対応も承ります。

  • 耐震強度の設計、工事

    構造設計から工事まで!当社の一級建築士にて

    地震に強い代表的な構造には「耐震構造」「制振構造」「免震構造」などがあげられますが、これらの構造も建物によって最適な構造設計が必要不可欠です。新設の建物から既存の建物の補強に関する設計等も幅広くお受けします。また工事も自社で行うため当然ではありますが、設計にずれがない施工が可能です。漠然となにか耐震関係の対策をお考えの方は是非一度ご相談ください。

耐震に関することなら、まずはご相談ください!

耐震診断・耐震補強は一級建築士事務所に依頼するのはご存じの方も多いと思います。しかし多くの一級建築士事務所は構造設計などを行い実際の工事は他社に依頼する傾向があります。
デザインワークスでは「耐震調査」「耐震診断」「構造設計」「耐震工事」さらにはそれに伴う「助成金の対応」まで一貫して行っております。それにより無駄な時間を省き低価格で高品質にワンストップで提供しています。
また、診断のみ依頼したい!工事のみ依頼したい!構造設計のみ依頼したい!など部分的にも対応していますので、是非一度お気軽にご相談ください。

施工一例

  • 施工一例-earthquakeresistance1 施工一例-earthquakeresistance2 施工一例-earthquakeresistance3

建物が古くなり地震が心配、従業員をはじめ機械設備の安全を確保したい、通路の確保をおこないたいなどのご要望をいただきました。
通常のブレースよりもスペースがとれる実用新案の工法を取り入れたり、デザインも考慮してマンサード型ブレースを採用するなど、柔軟に対応しました。

耐震補強・耐震診断 施工実績一覧